本文へスキップ

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学。通信講座・難易度・合格率・給料。

知的障害者に対する特別支援学校とは?

知的障害者に対する特別支援学校では、ひとりひとりに合わせた少人数教育を行っています。

集団生活が苦手な児童も多いので、集団生活や社会生活がスムーズにおくれるような指導も行います。

知的障害者に対する特別支援学校とは

知的障害者に対する特別支援学校では、知的障害児や自閉症の児童の教育を行っています。視覚障害や聴覚障害を持つ児童に対しては、一般の学校と同様に教育内容が行われるのに対して、知的障害の場合は個人の状況にわせた内容で教育が行われます。

これは学校教育法施行規則や、教育要領・学習指導要領などにも認められているものです。

少人数で個人に合わせた教育を

知的障害がある場合、理解する力などにも大きく違いがあるため、小学部からかなり少人数での授業が行われます。

いくつもの障害を併せ持つ重複の児童の場合は、1学級3名までとなっており、教員の目が確実に届く状態での授業が行われます。

また、重複でない場合は1学級6名までの学級編成になりますが、人数の都合などで多少の変動はあります。

学習内容は、生徒ひとりひとりの状況によって異なり、通常の教科書などを使うのは難しいため教員がひとりひとりに合わせたプリントを作るなどして対応している学校も少なくありません。

さらに、基本的な生活習慣を身につけさせたり、言葉の指導なども行われます。

小学部から中学部になるにしたがって、それを発展させると同時に、集団生活がスムーズにおくれるような指導も行われるようになります。

高等部になると、卒業後に生活する力を身に着けるために、職業訓練も行われるようになります。

木工や食品加工、クリーニングなど、さまざまな職業の訓練ができるようになっており、個人の適性に合わせた教育が行われます。

卒業後はそれに沿った作業所などに就職する生徒も多く、スムーズに社会生活を送れるようにするためにも職業教育は重要です。

生活面の訓練も

知的障害をもつ児童の教育は、少人数制を取っていることからも分かるように、個人に合わせた臨機応変さが求められる難しいものです。

一方で、幼少期から適切な教育を行うことで、障害の状態が好転するのは難しいものの、社会生活がおくれるようになるなど、本人にとっても生活しやすいような成長を遂げることもあります。

寮を併設することで、日常生活の中でも生活面の訓練を行うケースもありますし、自宅から通学し、家庭と学校が連携を取りながら教育を進めていくこともあります。

いずれにしても、その児童に合った教育を行うことが大切であり、教員にも知的障害に対する専門知識が求められます。



特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学【資料請求】

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学へ資料請求

当サイトで紹介しているのは文科省が認めた正規の大学のみです。しつこい勧誘はありませんので安心してください。

関東

東京福祉大学(1種)明星大学(1種・2種)

星槎大学(1種・2種)放送大学(2種)

関西

佛教大学(1種)神戸親和女子大学(1種・2種)