本文へスキップ

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学。通信講座・難易度・合格率・給料。

聴覚障害者に対する特別支援学校とは?

聴覚障害者に対する特別支援学校では手話などを使いながら、一般教育課程から職業訓練まで幅広い学習が行われています。

コミュニケーションが取りにくくなりがちな聴覚障害者が社会で生活しやすくなるように、コミュニケーション力を養うことにも力が入れられています。

聴覚障害者に対する特別支援学校とは

聴覚障害者に対する教育を行う特別支援学校では、耳が全く聞こえなかったり、補助具をつけてやや聞こえる児童が教育を受けています。

先天性の聴覚障害や、きわめて幼いころからの聴覚障害の場合は、言葉が理解できないうえ、発語も難しくなるため、できるだけ早期発見を行うことが重要になります。

そのため、特別支援学校の幼稚部は3歳からですが、0〜2歳児の教育相談も行っており、早い段階で補聴器や人工内耳を使用する傾向が進んでいます。

言葉の理解ができないと、コミュニケーションを取るのが難しくなることから、聴覚障害者に対する教育ではコミュニケーションの力を養うことも重要です。

発音の練習を行ったり、手話や指文字など、さまざまな方法を用いて他者とのコミュニケーションが円滑にできるように教育が行われていきます。

一般教育課程から職業訓練まで

小学部や中学部では、手話などを使用しながら一般の学校と同様の教育課程を学習します。

聴覚障害者の場合はどうしても言葉の理解が難しくなるため、国語力について特に力を入れられる傾向もあります。

高等部になると、一般的な学習に加えて、職業訓練も行われるようになります。

以前は聴覚障害を持つ人の職業というと、他者とのコミュニケーションを求められることのすくない技術職が多かったのですが、最近ではコンピュータの普及によって情報処理的な仕事に進出するケースも増えています。

また、卒業後に就職するのではなく、大学に進学してより専門知識を高める人も少なくありません。

寮生活による指導も

聴覚障害者に対する特別支援学校の多くは寮・寄宿舎を備えており、児童は寮生活を行いながら学習したり、自分で身の回りのことができるように生活面での指導を受けて成長していきます。

また、こうした寮や学校内には、聴力測定器や発音練習機器など、聴覚障害を持つ人に必要な機材が揃えられているため、聴力障害児にとっては良い環境が整っているといえるでしょう。

聴力障害があっても、パソコンやインターネットの使用には問題がないため、こうした機器を積極的に使用する学校や児童も増えています。

おすすめLINK⇒教育者におすすめの心理学


特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学【資料請求】

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学へ資料請求

当サイトで紹介しているのは文科省が認めた正規の大学のみです。資料請求してもしつこい勧誘はありませんので安心してください。

関東

東京福祉大学(1種)明星大学(1種・2種)

星槎大学(1種・2種)放送大学(2種)

関西

佛教大学(1種)神戸親和女子大学(1種・2種)