本文へスキップ

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学。通信講座・難易度・合格率・給料。

発達障害と特別支援学校

発達障害には自閉症やアスペルガー症候群などいろいろありますが、他社とのコミュニケーションを取るのが苦手なケースが多く、大半は特別支援学級や特別支援学校に通います。

障害なので完治することはありませんが、早期から適切な療養を行うことで症状を緩和することは可能です。

発達障害とは

発達障害という言葉を耳にすることが多くなりました。

発達障害とは、脳の働きに障害があり、人とコミュニケーションを取るのが困難だったり、学習障害があるような障害のことです。

昔であれば「変わって人だな」と思われていたのが、実は脳に障害のある発達障害であると認識されるようになり、比較的早い年齢から診断を行うことで適切な療養が行われるようになりました。

発達障害は早期療養によって比較的コミュニケーションが取れるようになったり、対人トラブルを起こすことも少なくなるといわれています。

完治するものではありませんが、少しでも本人や周囲の人たちが社会の中で生きやすくするためにも、早期療養は大切なのです。

発達障害の種類

発達障害にもいろいろな種類があり、自閉症やアスペルガー症候群などがその代表的なものです。

どちらもコミュニケーションを取るのが苦手な障害で、こういった社会性に問題が生じる障害を広汎性発達障害といいます。

そのほかにも、多動といわれるADHDや、学習障害なども発達障害のひとつです。

発達障害児の教育

こうした発達障害の診断を受けた児童は、程度に応じて普通の学校の特別支援学級に入ったり、特別支援学校に入学します。

特別支援学級の場合は、普通児童のクラスにも在籍し、必要に応じて特別支援学級のクラスに移動して勉強をすることになります。

普通児童との交流もできますし、学校行事などにも参加できますが、療養という面では完全なケアは難しくなります。そのため、比較的軽度の発達障害の児童にとられる処置です。

より重度の発達障害の場合は、広汎性発達障害の場合でも特別支援学校に入学することになります。特別支援学校では発達障害のケアという点では万全の態勢で学習できるため、本人も過ごしやすいですし、保護者も適切な接し方などを指導してもらうことで、療養前に比べると落ち着いて過ごせる児童が多くなります。

症状を緩和させるためにも、発達障害の程度を早いうちに見極めて、状況に応じた教育や療養を行うことが重要なのです。適切なケアを行うことで、症状が緩和するだけでなく、周囲の人の理解も得やすくなります。

おすすめLINK⇒AS(自閉症スペクトラム)サポーターの資格の取得方法についてもしかしてうちの子アスペルガー障害?(子どもロボットプログラミング教室ガイド)



特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学【資料請求】

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学へ資料請求

当サイトで紹介しているのは文科省が認めた正規の大学のみです。資料請求してもしつこい勧誘はありませんので安心してください。

関東

東京福祉大学(1種)明星大学(1種・2種)

星槎大学(1種・2種)放送大学(2種)

関西

佛教大学(1種)神戸親和女子大学(1種・2種)