本文へスキップ

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学。通信講座・難易度・合格率・給料。

視覚障害者に対する特別支援学校とは?

視覚障害教育を行う特別支援学校では、視覚に障害のある児童が必要な教科を修め、さらに社会生活に困らないように点字を習ったり白杖を使った歩き方なども習得します。

最近ではコンピュータなども導入され、多くの生徒が利用しています。

視覚障害教育を行う特別支援学校とは

視覚障害教育を行う特別支援学校は、全く目が見えない全盲の児童や、視力が極めて弱い弱視の児童などが通う学校になります。

視覚が不自由でも、通常の教科が理解できるように工夫した授業が行われているほか、点字を使用するなど独自の方法で教育がなされています。

点字を用いることによって、授業が理解しやすくなるだけでなく、児童が点字を覚えて日常的に使用することで、社会に出てからも生活しやすくする意図があります。

また、通常のバレーボールとは違うフロアバレーボールを行うなど、視覚が不自由でもスポーツができるような工夫も行われています。

段階的な教育

また、視覚障害をもつ児童が年齢に応じた成長ができるように、幼稚園から高校まで段階的な教育も行われます。

幼稚園では物の触り方や見分け方を遊びながら徐々に教えいき、小中学校では点字などを使って、一般の学校の生徒と同じ教科を学習していきます。

こうした教室では点字教材だけでなく、拡大文字教材や照明を調節するなどして、見えなかったり見えにくい状況でも十分な学習理解が得られるように工夫が行われています。

また、通常の授業に加えて白杖を使って歩く力を身に着けたり、視覚障害者用のコンピュータの扱いなども教えています。

高等部になると、通常の国語や数学といった学科教育に加えて、職業教育も行われるようになります。

ここでは、あん摩やマッサージ指圧師、鍼灸師、理学療法士など、視覚障害があっても活躍できる分野の資格を取得することで、卒業後に生活していく力を身に着けるためのものです。

国家資格の取得になりますので簡単ではありませんが、実際に資格取得して卒業後はその方面で活躍する生徒も少なくありません。

教師によるサポートが大切

このように、視覚障害の特別支援学校では、通常の学習に加えて、視覚が不自由でも卒業後に社会生活がおくれるような力を身に着ける教育が行われています。

そのためには視覚障害に対する教員の理解と適切なサポート、そしてもちろん本人の努力が欠かせません。

視覚障害の特別支援学校の教員には学習内容を教えるだけでなく、児童が前向きにそれらに取り組めるような精神的なサポートも求められるのです。


資料請求

特別支援学校教諭免許を取得できる通信制大学へ資料請求

関東

東京福祉大学(1種)明星大学(1種・2種)

星槎大学(1種・2種)放送大学(2種)

関西

佛教大学(1種)神戸親和女子大学(1種・2種)